1. 無料アクセス解析
petit cadeau

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告 | top

* paris 日記 * その6 *

だいぶ間が開いてしまいました。
記憶があるうちにかかねば・・・

* * * * * * * * * ** ***
2009年12月26日(土) 8℃/0℃

paris3日目 * 後編

さて、ヴァンヴを後にして
目指すはクリニャンクール!
ここは、登録店だけでも2000店以上という
パリ最大の蚤の市なんですって。

メトロに乗って
ポルト・ド・クリニャンクールへ。
ヴァンヴからだとちょうど
パリを南北に端から端へ縦断移動です。

モンパルナス駅で乗り換えて
4号線に乗って終点まで。
途中シャトー・ルージュ駅から
アフリカ系の人達が沢山乗ってきて
通勤ラッシュ状態に!
シャトー・ルージュでは、
午前中アフリカ系の市があったみたいです。
みんな市の”はしご”をするのね。

ほぼ満員のまま
クリニャンクール駅に到着。
みんなの流れる方へ歩いていくと、
テントが建ち並ぶ市が!
衣料品がたくさんあります。
ここは原宿?というくらい
人が沢山いましたが、
私たちが目指すのはもっと奥!
クリニャンクールの蚤の市は
このテントの市を越えたところにあり、
路面店ではなく、
屋根のあるお店になっていました。

paris2009 133


蚤の市の外側のテント市の
喧噪に比べたら、
蚤の市自体はとても静かで、
ゆっくりみることができました。
全部のお店を見ることは到底不可能なので、
ヴェルネゾン地区(約300店)を
見て回りました。
閉店しているお店もあったので、
興味のあるお店(雑貨やアンティーク)に絞ると
20店くらいをぐるぐると。
(お店の人にまた来たね!
と顔を覚えられちゃうくらい・・・何周も。)

色々見たのですが
結構高級で手がだせない。

私はマトリョーシカのように
大きさが異なる5個セットの
ほうろうの調味料入れが
欲しかったのですが、
どのお店も、135ユーロ。(価格相談してるのかしら?)
日本で買うのに比べたら3分の1くらいの
値段なのですが、私の感覚からすると高い。
せっかくパリまで来たんだから、と
買っちゃうっていうことも考えたのですが、
やっぱり私の財布の紐は”うん”と言わず、
無理!とあきらめました。
あきらめも必要です。
(あきらめるまでに何度も何度も見たんだけどね)


歩いていると、
アンティークアクセサリーが
ごっちゃりと置いてあるお店発見。
義理ママへのプレゼントに
カメオブローチを買いました。
こちらも結構高級だったのですが、
御願い攻撃&クリスマス作戦&
ママへのプレゼントという家族愛作戦で
半額ぐらいにしてもらっちゃいました♪
(それでも今回の旅で
一番高い買い物だったりして・・・)

以前に義理ママがパリに来たときに
買いたくても買えなかったのが
カメオのアンティークブローチだったと聞いていたので、
どうしてもプレゼントしたかったのです。
買えて良かった!
(写真撮ってないけど・・・;;)

私は、南仏風な麻のリネンを購入。

paris2009 269
何に使おう?

午後いっぱいうろうろしていましたが、
暗くなるとあのテント市のあたりが
怖いのでまだ陽があるうちに
移動することにしました。

夕食は、
パリで是非食べたかった、
ベトナム料理!
ということで、中華街のある
イタリア広場へ移動です。

お昼に食べたケバブが
まだちょっと残っている感じもあったので、
フォーぐらいが丁度良いということで、
その名も「PHO 14」というお店へ。
混んでいましたが、早めの時間だったので
すぐ座れました。

paris2009 135

青島ビールで乾杯し、
鶏のフォーに舌鼓。


うーん!おいしい!
あったまるし、出汁がおいしいし、
何より胃腸に優しい。

フランスに来たから何が何でも
フランス料理!とこだわると
店も決められず、量も多くて
結局胃に負担がかかりがち。
フォーはとてもよい選択でした♪

帰りに中国系のスーパー、
タン・フレーに寄り
バゲットを買ってみました。

あとはホテルへ直行。

今日の戦利品を眺めながら
ワインで乾杯。

paris2009 136


今日も早めにおやすみなさい。


・・・・つづく

スポンサーサイト

2010年01月26日 | paris日記2009 | comment 8件 | trackback0件 | top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。